家族にばれないカードローン教本※即日借りたい人はココ!


家族にばれないカードローン教本※即日借りたい人はココ!

カードローンで返済遅延場合のペナルティー

消費者金融や銀行、クレジットカード会社などの様々な金融業者が取り扱っている個人向けカードローンは、保証人や担保物件は不要で、申し込み時に用意しなくてはならないのは運転免許証や健康保険証などの身分証明書のみです。また、即日融資が中心のスピード審査を実施しているので、今日中にどうしてもお金が必要という場合にも対応することができます。

また、事業性資金としての利用は認められていませんが、個人としての使用であれば特に制限はされていません。このために、欲しいものが見つかったときや急に友人から誘われた場合、生活費が足りなくなった時など様々な場面で非常に頼りになる存在です。

この様に魅力的な内容を備えた個人向けカードローンは、毎月の約定日までに指定の金額を返済するということが利用するうえに守らなくてはならないルールです。ルールを守っての利用を積み重ねていけば、信用情報が良化するので、借入限度額が増額されることになります。

ただし、逆に返済できなかった場合は、確認がとれるまでの間は遅延損害金として通常よりも高い利率で利息が加算されるというペナルティーが課せられます。また、これが何度も繰り返されたり、約定日から数カ月以上経過した様な場合は、信用情報機関に延滞という事故情報が記録されます。これは、いわゆるブラックリストに載っていると表現される状態であり、記録が削除されるまでの間は、新規借入は出来なくなります。


Comments are closed.