家族にばれないカードローン教本※即日借りたい人はココ!


家族にばれないカードローン教本※即日借りたい人はココ!

カードローンの金利は「実質年率」で考える

カードローンを利用してお金を借りた時、契約時に設定された「金利」によって返済時に掛かる利息の割合が変わってきます。例えば、100万円を10%で借りた場合には10万円の利息を支払う必要があるという事になります。ただ、これは1回の返済ごとに支払いが必要になる訳では無く、12回(1年間)の総額が10万円になるという意味です。つまり、1回に換算すると8千円ほどの返済が必要になるということです。

金利はカードローン会社によって選択される幅が違います。最低でも15%以下に設定されるものもあれば、18%まで可能性があるものなどがあるので、まずは選択される範囲を考慮してローンを選択することが大切です。最終的な設定は審査によって決まる為、低い設定だからと言って必ずしも期待通りになるという訳ではありませんが、少なくとも最低値が低ければメリットはあるので出来るだけ低いものを選ぶと返済が楽になります。

一般的に銀行カードローンの方が金利が低く設定されていることが多くなります。審査基準は消費者金融よりも高く設定されることも少なくありませんが、契約出来た時の恩恵を考えると非常におすすめです。ただ、利用方法によっては消費者金融系の方がメリットが大きくなる可能性もあります。

例えば、「無利息サービス」などが利用出来る状態で、その期間内の借入れとなることがほぼ確実な場合であればこちらの方が返済が楽になる可能性があります。


Comments are closed.